« 【1325】 眥裂髪指(1級) | トップページ | 【1327】 同病相憐(準1級) »

2007年9月25日 (火)

【1326】 四六駢儷(1級)


四六駢儷(しろくべんれい)」

意味は、
駢儷」は馬を二頭立てで走らせる意で、対句構成の文を形容したもの。
漢文の文体で、四字と六字から成る対句を多用する華麗な文体。
誇大で華美な文辞を用い、典故のある語句を繁用し、平仄(ひょうそく)を合わせて音調を整えるのが特徴で、朗誦に適する。
漢・魏(ぎ)の時代に起こり、南北朝時代に盛んに行われ、中唐の韓愈(かんゆ)・柳宗元が古文の復興を提唱してから衰えた。
日本では奈良・平安時代の漢文によく用いられた。

四六駢儷文、四六文、駢儷体、駢儷文、駢体文、駢文。

|

« 【1325】 眥裂髪指(1級) | トップページ | 【1327】 同病相憐(準1級) »

四字熟語1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1325】 眥裂髪指(1級) | トップページ | 【1327】 同病相憐(準1級) »