« 【1180】 胡漢陵轢(1級) | トップページ | 【1182】 狐疑逡巡(1級) »

2007年8月14日 (火)

【1181】 千慮一失(4級)

千慮一失(せんりょのいっしつ)」

意味は、
賢い人でも多くの考えの中には一つくらい間違いがあるということ。
智者も千慮に一失有り。

史記(淮陰侯伝)より出典

参考:
反対の意味で「千慮一得(せんりょのいっとく)」というのもあります。

愚かな者でも多くの考えの中には一つくらいよい考えもあるということ。
愚者も千慮に一得有り。

史記(淮陰侯伝)より出典

|

« 【1180】 胡漢陵轢(1級) | トップページ | 【1182】 狐疑逡巡(1級) »

史記」カテゴリの記事

四字熟語4級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1180】 胡漢陵轢(1級) | トップページ | 【1182】 狐疑逡巡(1級) »