« 【952】 塞翁失馬(準1級) | トップページ | 【954】 開天闢地(1級) »

2007年6月 8日 (金)

【953】 沙羅双樹(準1級)


沙羅双樹(さらそうじゅ)」

意味は、
インド、クシナガラ城外、娑羅の林の中、釈迦の病床の四方に二本ずつ相対して生えていたという娑羅の木。
釈迦が入滅した時、鶴のように白く枯れ変じたという。
沙羅。娑羅樹。
また、高尚で遠大、堅固なこと。
しゃらそうじゅ」とも読む。

|

« 【952】 塞翁失馬(準1級) | トップページ | 【954】 開天闢地(1級) »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【952】 塞翁失馬(準1級) | トップページ | 【954】 開天闢地(1級) »