« 【815】 鴒原之情(1級) | トップページ | 【817】 桂林一枝(準1級) »

2007年4月29日 (日)

【816】 鶏鳴狗盗(準1級)


鶏鳴狗盗(けいめいくとう)」

意味は、
中国、斉(せい)の孟嘗君(もうしようくん)が秦の昭王に幽閉された時、こそどろやニワトリの鳴き真似のうまい食客の働きでのがれたというの故事から、
ニワトリの鳴き真似をして人をあざむいたり、犬のようにして物を盗んだりする卑しい者。小策を弄(ろう)する人。


史記(孟嘗君伝)より出典

|

« 【815】 鴒原之情(1級) | トップページ | 【817】 桂林一枝(準1級) »

史記」カテゴリの記事

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【815】 鴒原之情(1級) | トップページ | 【817】 桂林一枝(準1級) »