« 【676】 百花繚乱(1級) | トップページ | 【698】 魚目燕石(準1級) »

2007年3月19日 (月)

【677】 堅忍不抜(2級)


堅忍不抜(けんにんふばつ)」

意味は、
どんな困難や誘惑にも心を動かさず、がまんすること。

堅忍不抜の精神

蘇軾の書より出典


今、大相撲の春場所をやっているので、ふと思ったのですが、
大関や横綱に昇進して、力士が挨拶をする時に、使えそうな四字熟語だなぁ・・・

|

« 【676】 百花繚乱(1級) | トップページ | 【698】 魚目燕石(準1級) »

四字熟語2級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

蘇軾の書、詩」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、大岡さん。
コメントありがとうございます。

そうですか、お兄ちゃんが使っていましたか。
読みまがえたくらいですから、本人が知っていたのではなく、人から言われて使ったのでしょうね。
初めて聞くと、こんな四字熟語ほんとにあるのかと思いますよね。
そういえば、貴乃花も変な四字熟語を使っていましたが、あの熟語もちゃんとあるものだったのかしら?

投稿: KUMI | 2007年3月21日 (水) 午前 10時49分

はじめまして。

「堅忍不抜」はお兄ちゃんこと若乃花が横綱推挙伝達式で使ってました。「けんしんふばつ」と読み間違えてました。
当時、私にとっては聞いたこともない四字熟語だったので、無理して使ってんなよーと思ったものですが、その後2級の勉強したところ、これが頻出なのがまた意外でした。

投稿: 大岡 | 2007年3月21日 (水) 午前 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【676】 百花繚乱(1級) | トップページ | 【698】 魚目燕石(準1級) »