« 【705】 祭政一致(4級) | トップページ | 【706】 汨羅之鬼(1級) »

2007年3月27日 (火)

「番外編 26」桜 -その1-

もうそろそろ桜も満開になりそうですか?
うちの近くにある、桜の木はまだ咲き始めたばかりです。

」といっても色々あるようです。
今日は、桜の品種などについて。

里桜(さとざくら)
ヤマザクラ系を主とした桜の栽培品種の総称。
花は大きく、一重または八重咲きで、オオシマザクラの影響が著しい。
ヤエザクラ・ボタンザクラといわれるものの大部分が含まれる。
牡丹桜。

浅葱桜(あさぎざくら)
サトザクラの一品種。
黄色みを帯びた緑色の花をつけるもの。

有明桜(ありあけざくら)
サトザクラの一品種。

雲珠桜(うずざくら)
鞍馬山に咲く桜の総称。
サトザクラの一種。しべが長く、花は一重弁。

姥桜(うばざくら)
葉の出るよりも先に花の咲く種類のサクラの俗称。
ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。
〔「葉(歯)なし」の意からという〕

江戸桜(えどざくら)
ソメイヨシノの別名。

大島桜(おおしまざくら)
ソメイヨシノ・サトザクラなどの母種。
葉は桜餅を包むのに用いる。
薪(たきぎ)桜。

大山桜(おおやまざくら)
ヤマザクラの変種。
札幌市円山公園はオオヤマザクラの名所として知られる。

樺桜(かばざくら、かにはざくら)
エドヒガンの一園芸品種。花は白色単弁。
カンバ類と似た樹皮をもつヤマザクラ・チョウジザクラなどの俗称。

寒桜(かんざくら)
晩冬から早春に咲く桜。
オオシマザクラとヒカンザクラの自然交配種といわれ、淡紅白色の花を開く。
冬桜。
冬の季語。

黄桜(きざくら)
サトザクラの園芸品種。
花は淡黄緑色の八重咲きで新緑と同時に開花。

熊谷桜(くまがいざくら)
コヒガンザクラの八重咲き品種で、全体に小さく、花は淡紅色でかわいらしい。

御所桜(ごしょざくら)
サトザクラの一種。花は大形で八重咲き。

四季桜(しさざくら)
ヒガンザクラの園芸品種。
低木で葉も小さい。
花は淡紅または白色で、多少八重咲きになり、10月頃から咲き始め、4月に盛りとなる。十月桜。

枝垂桜(しだれざくら)
エドヒガンの一変種で、枝のたれ下がるもの。
花は普通、淡紅白色五弁。糸桜。
春の季語。

墨染桜(すみそめざくら)
桜の一種。
花は小さく単弁で白いが、茎・葉とも青く、薄墨色のように見える。

匂桜(においざくら)
サトザクラの一種。
花は八重咲きで白く、香気がある。

彼岸桜(ひがんざくら)
春の彼岸の頃、他のサクラより早く開花。
エドヒガンに近縁。
コヒガンザクラ。
春の季語。

緋桜(ひざくら)
台湾や中国南部に自生。
1~3月、緋紅色の五弁花をつける。
花弁は平開しない。
緋寒桜。薩摩緋桜。

富士桜(ふじざくら)
富士山に多いのでフジザクラという。
葉の出る前に開花。
花はやや小さく下向きにつき、白色まれに淡紅色。
豆桜。

八重桜
ヤマザクラなど日本の山野に自生するサクラ類の栽培園芸品種で、花が八重咲きのもの。
ボタンザクラ。
春の季語。

《奈良七重七堂伽藍八重桜/芭蕉》

楊貴妃桜(ようきひざくら)
サトザクラの一品種。
花は大きく淡紅色で、八重咲き。楊貴妃。

吉野桜(よしのざくら)
吉野山に咲くヤマザクラ。
ソメイヨシノの別名。



あしたは 「その2」を・

|

« 【705】 祭政一致(4級) | トップページ | 【706】 汨羅之鬼(1級) »

学問・資格」カテゴリの記事

番外編」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事