« 【426】 臥薪嘗胆(準1級) | トップページ | 【428】 奢侈淫佚(1級) »

2007年1月 4日 (木)

【427】 会稽之恥(準1級)

会稽之恥(かいけいのはじ)」

意味は、
敗戦の屈辱。
心に刻んで忘れない恥辱。
春秋時代、越王勾践(こうせん)は呉王夫差(ふさ)と会稽山(かいけいざん)に戦って敗れ、屈辱的な講和を結んだ故事による。
史記より出典

|

« 【426】 臥薪嘗胆(準1級) | トップページ | 【428】 奢侈淫佚(1級) »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【426】 臥薪嘗胆(準1級) | トップページ | 【428】 奢侈淫佚(1級) »