« 【421】 疾風勁草(1級) | トップページ | 良いお年を »

2006年12月31日 (日)

『故事・成語・諺』 5「廩」 6「膠」

【5】
倉廩(そうりん)実(み)ちて礼節を知る』
人間は生活が豊かになって初めて礼儀・節度を考える余裕が生まれる。
倉廩」は穀物を蓄えておく倉。
管子(牧民)より

廩米」蔵に貯えてある米。
江戸時代、幕府・諸藩が家臣の俸禄にあてるため蔵に貯えた米。



【6】

『琴柱(ことじ)に(にかわ)す 』
琴柱を膠で固定してしまっては調子が変えられないことから、融通がきかないたとえ。
史記(藺相如伝)より

」煮皮、の意。
獣・魚類の骨・皮などを石灰水に浸してから煮て濃縮、冷やして固めたもの。
粗製のゼラチン。接着剤とし、また、絵の具や画布の製造に用いる。

|

« 【421】 疾風勁草(1級) | トップページ | 良いお年を »

学問・資格」カテゴリの記事

諺・故事・成語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【421】 疾風勁草(1級) | トップページ | 良いお年を »