« 【270】 狂瀾怒濤(1級) | トップページ | 【272】 烏白馬角(準1級) »

2006年11月16日 (木)

【271】 跼天蹐地(1級)

跼天蹐地(きょくてんせきち)」

意味は、
天は高いにもかかわらず背をこごめ、地は厚いのに抜き足をするの意から、
おそれかしこまって、体を前にかがめ抜き足で歩くこと。
身の置き所もない思いで肩身も狭く世の中に暮らすこと。
詩経(小雅、正月)より出典
跼蹐(きょくせき)」と略して使うこともある

|

« 【270】 狂瀾怒濤(1級) | トップページ | 【272】 烏白馬角(準1級) »

四字熟語1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

閑中居士さんこんにちは、
「烏白馬角」は「うはくばかく」と読みます。
「カラスの頭が白くなり、馬に角が生える」という事らしいです。

投稿: KUMI | 2006年11月18日 (土) 午前 11時53分

本当にお早うございます。丁度2時の鐘がなったところです。
ご返事ありがとうございます。ところで知識のなさを暴露しますが読み方を教えてくれませんか? これでは到底漢字試験は落第ですね。お手数をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

投稿: 閑中居士 | 2006年11月18日 (土) 午前 02時10分

閑中居士さん、おはようございます。
次の熟語「烏白馬角」は、一生懸命に天に祈ると、
奇跡が実現したという故事からできた言葉だそうです。

願いが強ければ、よい事があると思いますよ。

投稿: KUMI | 2006年11月17日 (金) 午前 09時19分

何か丁度私の今にそっくり。ひょっとして何処かで見ておられたのでしょうか?
長い人生の中には、この様なこともあると思いますが、常にそうではいけないと自分に言い聞かせてやっと生きている毎日です。次の4文字熟語は、是非人生に希望を与える様な言葉をお願いします。

投稿: 閑中居士 | 2006年11月17日 (金) 午前 02時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【270】 狂瀾怒濤(1級) | トップページ | 【272】 烏白馬角(準1級) »