« 【307】 雲竜風虎(準1級) | トップページ | 【309】 狷介孤高(1級) »

2006年11月27日 (月)

【308】 結跏趺坐(1級)

結跏趺坐(けっかふざ)」

意味は、
跏(足の裏)と趺(足の甲)を結ぶ坐法の意。
仏教における坐法の一。
あぐらをかき、左右のももの上に、反対の足を置き、足の裏をあおむけにして組むもの。
右足が下になる降魔坐と左足が下になる吉祥坐の二種がある。
禅宗で用いるのは降魔坐。蓮華坐(れんげざ)。

|

« 【307】 雲竜風虎(準1級) | トップページ | 【309】 狷介孤高(1級) »

四字熟語1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【307】 雲竜風虎(準1級) | トップページ | 【309】 狷介孤高(1級) »