« 【194】 一琴一鶴(準1級) | トップページ | 「番外編 16」霜 »

2006年10月22日 (日)

【195】 一壺千金(準1級)

一壺千金(いっこせんきん)」

意味は、
さほど価値のないものでも、いざという時には大変役に立つものであること。
溺れた時に瓢箪壺が浮き袋代わりらなることから。


チョット勘違いしそうな熟語です(勘違いするのは私だけ?)。
掘り当てた壺が「高価な物」だった、と言う意味ではないようです。

|

« 【194】 一琴一鶴(準1級) | トップページ | 「番外編 16」霜 »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【194】 一琴一鶴(準1級) | トップページ | 「番外編 16」霜 »