« 難読漢字 5 | トップページ | 【216】 外柔内剛(2級) »

2006年10月30日 (月)

【215】 夏鑪冬扇(1級)

夏鑪冬扇(かろとうせん)」

意味は、
夏の火鉢と冬の扇の意。
季節外れで役に立たないもののたとえ。
無駄、無用の意見や能力例え。
冬扇夏鑪」ともいう。

この熟語、意味はわかっていても、書けそうで書けない熟語の一つです。

|

« 難読漢字 5 | トップページ | 【216】 外柔内剛(2級) »

四字熟語1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

いえいえ、グローリーさん。
色々ご指摘いただいたほうが、より深く勉強できるので、かえって嬉しいです。

また、何か気が付いたことがありましたら、コメントくださいね。

投稿: KUMI | 2006年10月31日 (火) 午後 07時46分

ごめんなさい、私の勘違いでした。
辞書で調べたらむしろ金偏で書くのが
正しいようです。
いやー、まいったまいった。

投稿: グローリー | 2006年10月31日 (火) 午後 04時08分

こんにちは、グローリーさん。
さすがに、するどいご指摘です。

私は最初、「鑪」ではなく「爐」ではないかと思いました。
「爐」だと「炉」の旧字体なので納得できるのですが。
「夏炉冬扇」は、2級の配当漢字の範囲で、「鑪」とすることで、1級の範囲になるらしいです。

確かにこの「鑪」は訓読みで「いろり」とありますが、やはり「爐」でないのが納得できません。

配当漢字も目安なんでしょうし、
1級で「夏炉冬扇」と書いたら間違いなんでしょうかね?

ちなみに、「盧」は、まるい器をあらわし、「火」をつけると、火を入れる火鉢になります。
「鑪」は、もとは火鉢が金属でできていたから?

投稿: KUMI | 2006年10月31日 (火) 午後 03時09分

お久しぶりです。
一つなったのが気になったのが
「ろ」(字が出ない…)が金偏になっていますが
火偏のろ(炉)の間違いではないでしょうか。

投稿: グローリー | 2006年10月31日 (火) 午後 01時00分

ようこそ、daisakuさん。
コメントありがとうございます。

1級四字熟語はまだ100程度なので、まだまだです。
もう少しピッチを上げないといけないかも知れません。

daisakuさんのブログは、とても参考になります。
こちらこそ、宜しくお願いします。

投稿: KUMI | 2006年10月31日 (火) 午前 12時19分

私のブログにコメントいただき有り難う御座いました。
今回四字熟語が出来ませんでした。こちらは、四字熟語が沢山あり、前からもっと寄っておけばよかったと思っています。これからも四字熟語、難読漢字など、宜しくお願いいたします。

投稿: daisaku | 2006年10月31日 (火) 午前 12時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« 難読漢字 5 | トップページ | 【216】 外柔内剛(2級) »