« 【128】 引喩失義(1級) | トップページ | 【130】 烏焉魯魚(1級) »

2006年9月21日 (木)

【129】 遺憾千万(2級)

遺憾千万(いかんせんばん)」

意味は、
残念で仕方がない。思い通りに行かず、非常に心残りであること。
千万」は、程度を強調する言葉。
多く、形容動詞の語幹に付いて、その程度がこの上もない、はなはだしいなどの意を添える。
卑怯千万」「
無礼千万」「笑止千万」など。

「千万」もあまり使われなくなり、時代劇の中の言葉になりつつあるような。

遺憾千万」より「
はなはだ遺憾」ということのほうが多いのではないでしょうか。

「千万」の意味を調べると、「はなはだ」とあります。

同じように程度が普通の状態をこえているさまをあらわしていても、「千万」方がより強いような感じがします。

また、
はなはだ以て」とすると、はなはだを強調した言葉になります。

|

« 【128】 引喩失義(1級) | トップページ | 【130】 烏焉魯魚(1級) »

四字熟語2級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【128】 引喩失義(1級) | トップページ | 【130】 烏焉魯魚(1級) »