« 【132】 禹行舜趨(1級) | トップページ | 【133】 意識不明(5級) »

2006年9月23日 (土)

【番外編 12】彼岸

今日は秋分の日ですので、番外編は予定を変更して、「彼岸」にしました。
数は少ないですが「彼岸」の付いた言葉です。

秋分
二十四節気の一。
八月中気。太陽の黄経が一八〇度に達した時をいい、毎年9月23日頃。
太陽は天の赤道上にあり、ほぼ真東から昇ってほぼ真西に沈む。
昼夜はほぼ同時間。


彼岸
春分の日・秋分の日を中日(ちゅうにち)とする各七日間。
また、この時期に営む仏事。
俳句では、彼岸といえば春彼岸のことを言い、春の季語。

秋彼岸
秋の彼岸。後(のち)の彼岸。秋の季語。

彼岸会
彼岸の七日間に行われる春秋二度の仏事。
平安初期に始まるという。現在も墓参などが広く行われている。
春の季語。

彼岸参り
彼岸の間に、寺や先祖の墓に参ること。春の季語。

《信濃路は雪間を彼岸参りかな/横井也有》

彼岸花
秋の彼岸の頃、高さ約30~50センチメートルの花茎の頂に赤色の花をつける。
花被片は六個で強くそり返り、雄しべは長く目立つ。
花後に線状の葉が出て翌春は枯れる。
鱗茎(りんけい)は有毒だが薬用として使用される。
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)。葉見ず花見ず。
秋の季語。

彼岸桜
春の彼岸の頃、他のサクラより早く開花。
エドヒガンに近縁。コヒガンザクラ。
春の季語。

江戸彼岸
ヒガンザクラの別名。

枝垂れ彼岸
シダレザクラの異名。

彼岸河豚(ひがんふぐ)
フグ目の海魚で全長約40cm。肉は無毒であるが、肝臓・卵巣などに猛毒をもつ。春の彼岸ごろが美味とされる。北海道南部以南に分布。

彼岸底彼岸天井(ひがんぞこひがんてんじょう)
春秋の彼岸ごろには稲作の予想や結果も出ることから、株式相場が底をつけたり天井をついたりすること。〔米相場からきた語〕

そういえば、彼岸に入ってから日経平均株価が下がりましたね。これが彼岸底となって来週は上がってくれると良いのですが。

次回は、今日お届けできなかった「」です。

|

« 【132】 禹行舜趨(1級) | トップページ | 【133】 意識不明(5級) »

学問・資格」カテゴリの記事

番外編」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【132】 禹行舜趨(1級) | トップページ | 【133】 意識不明(5級) »