« 【57】 国士無双(3級) | トップページ | 【59】 伴食宰相(2級) »

2006年8月16日 (水)

【58】 草廬三顧(1級)

草廬三顧(そうろのさんこ)」

意味は、
」は、草木や竹で作った仮の小屋。いおり。
中国の蜀の劉備がへりくだり、諸葛孔明を軍師に迎えようとして、その庵(いおり)を三度も訪れたと言う故事。
人に仕事を頼むのに、何度も訪問して礼を尽くすこと。

諸葛孔明は劉備に使えた卓抜な軍師で劉備亡き後も幼帝劉禅を補佐した。

劉備(161-223) 中国、三国の蜀漢(しよつかん)の初代皇帝(在位 221-223)。関羽・張飛らとともに黄巾の乱鎮圧に尽力。諸葛孔明の天下三分の計により、呉の孫権と結んで魏(ぎ)の曹操を赤壁で破り、蜀を平定。221年成都で帝位につき国号を漢と号し、孔明を丞相(じようしよう)とし呉・魏と天下を争った。

三顧之礼(さんこのれい)ともいう。

|

« 【57】 国士無双(3級) | トップページ | 【59】 伴食宰相(2級) »

四字熟語1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【57】 国士無双(3級) | トップページ | 【59】 伴食宰相(2級) »