« 【67】 虚虚実実(3級) | トップページ | 【69】 意馬心猿(2級) »

2006年8月21日 (月)

【68】 漱石枕流(1級)

漱石枕流(そうせきちんりゅう)」

意味は、
無理にこじつけること。
負け惜しみが強いことの例え。
晋の孫楚(そんそ)が、「
石に枕し流れに漱ぐ」と言うべきところを誤って「石に漱ぎ流れに枕す」と言ってしまい、友人の王済(おうさい)にとがめられると、石に漱ぐのは歯を磨くため、流れに枕するのは下らない事が耳に入っても直ぐに洗い流すためだ、と言ってごまかしたという。

枕流漱石」「孫楚漱石」とも言う。

晋書より出典

漱石」といえば「夏目漱石」を思い出しますが、本名は「金之助」というそうです。

|

« 【67】 虚虚実実(3級) | トップページ | 【69】 意馬心猿(2級) »

四字熟語1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【67】 虚虚実実(3級) | トップページ | 【69】 意馬心猿(2級) »