« 【76】 安閑恬静(1級) | トップページ | 【77】 愛多憎生(3級) »

2006年8月26日 (土)

【番外編 8】星

今回の番外編は「」です。
ちょっと長いです。

冥王星が惑星ではなくなってしまいました。
「水金地火木土天海冥」と覚えていたリズムがおかしくなります。

冥王星
1930年アメリカのローウェル天文台の C = W =トンボーが発見。太陽からの平均距離は地球のそれの三九・五四倍。公転周期二四七・八年。極大光度一三・六等。自転周期六・三八七日。直径は月の約三分の二。78年に衛星が発見された。

青星
星のシリウス

赤星
さそり座のアルファ星アンタレス
また、明けの明星(みようじよう)の古名

明けの明星
明け方、東の空に見える金星。暁星(ぎょうせい)。
太白星(たいはくせい)。

宵の明星
日没後、西天に輝く金星。ゆうずつ。


西郷星(さいごうぼし)
火星の異名。
西南戦争があった1877年(明治10)9月、火星が大接近し明るく輝いた。人々がこの赤い星の中に西郷隆盛が見えるといったことから。
また、火星の近くにあった土星を西郷の参謀桐野利秋の名に因んで
桐野星と呼んだ。

足垂れ星(あしたれぼし)
二十八宿の一。尾宿の和名。さそり座の尾の部分にあたる九つの星。

網星(あみぼし)
二十八宿の亢(こう)宿の和名。乙女座中の東部の四星。

唐鋤星(からすきぼし)
二十八宿の参(しん)宿の和名。オリオン座の中央部に三つ連なって並ぶ星。三つ星。三連星(みつらぼし)。参星(しんせい

添い星(そいぼし)
二十八宿の房(ぼう)宿の和名。蝎(さそり)座の頭部の四星より成る。

襷星(たすきぼし)
二十八宿の翼宿の和名。コップ座あたりの星宿。

魂緒の星(たまおのほし)
二十八宿の鬼(き)宿の和名。南方の星座。蟹(かに)座の中心部にある。たまほめぼし。

ちちり星
二十八宿の、井(せい)宿の和名。双子(ふたご)座の西部に相当。

ちりこ星
二十八宿の張(ちよう)宿の和名。海蛇座の一部に相当。

中子星(なかごぼし)
二十八宿の心(しん)宿の和名。蠍(さそり)座のアンタレスほか二星にあたる。
二十八宿とは、黄道に沿う天空の部分に設けた二八の中国の星座)

牽牛星(けんぎゅうせい)
わし座のアルファ星アルタイルの漢名。天の川を隔てて織女と対する。
彦星(ひこぼし)。男星(おぼし)。秋の季語。

織女星(しょくじょせい)
琴座のアルファ星ベガの漢名。天の川を隔てて牽牛と対する。
織姫(おりひめ)。七夕姫。秋の季語。

添え星(そえぼし)
大熊座ゼータ星の伴星。アルコル。

釣鐘星(つりがねぼし)
牡牛座のヒヤデス星団の和名。

破軍星(はぐんせい)
北斗七星の柄の先端の星、揺光(ようこう)の別名。陰陽道(おんようどう)では剣先に見たてこの星のさす方向を凶として忌んだ。

平家星
オリオン座 α 星のベテルギウスの和名。同じオリオン座 β 星のリゲルが青白色なのに対して、赤色のこの星を平家の赤旗にたとえて名づけられた。
リゲルは源氏星

麦星
麦の熟する頃によく見えることから、サソリ座のアンタレス・牛飼い座のアルクトゥルス。

六連星(むつらぼし)
昴(すばる)の異名

老人星
南極星の別名。

美しく光る星に、昔の人々は和名を付けて親しんできたようです。

|

« 【76】 安閑恬静(1級) | トップページ | 【77】 愛多憎生(3級) »

学問・資格」カテゴリの記事

番外編」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【76】 安閑恬静(1級) | トップページ | 【77】 愛多憎生(3級) »