« 【番外編 2】穀雨他 | トップページ | 【10】 花鳥諷詠(1級) »

2006年7月23日 (日)

【9】 唯我独尊(2級)

唯我独尊(ゆいがどくそん)」

意味は、
仏教用語で、広大な天地宇宙の中で、自分より勝るものはいないの意。
人格の尊さを示した言葉。


お釈迦様は、生まれたときに、一つの手を天に、もう一つの手を地に向けて「天上天下唯我独尊」と唱えたと言います。


釈迦様
仏教の開祖で世界四聖の一人。姓はゴータマ、名はシッタルタ。中部ネパールの釈迦族の中心地迦毘羅(かびら)城に浄飯王(じょうぼんのう)の子として生まれる。

|

« 【番外編 2】穀雨他 | トップページ | 【10】 花鳥諷詠(1級) »

四字熟語2級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【番外編 2】穀雨他 | トップページ | 【10】 花鳥諷詠(1級) »