« 【8】 大旱慈雨(1級) | トップページ | 【9】 唯我独尊(2級) »

2006年7月22日 (土)

【番外編 2】穀雨他

食物の付く雨編

穀雨(こくう)」
百穀をうるおす春雨の意。
二十四節気の一。

小糠雨(こぬかあめ)」
非常に細かい雨。ぬか雨。細雨。

菜種梅雨(なたねづゆ)」
菜の花の盛りのころに降る春の長雨。春の季語

梅雨(ばいう)」
梅の実の熟する頃に降る雨の意。
また、この時期に黴が生じやすいことから、黴雨の意とも言う。
つゆ、さみだれ。夏の季語

麦雨(ばくう)」
麦の実る頃降る雨。五月雨。

他にも、食物の付く雨があると思います。
地方によっても違う言い方があるかもしれません。
それを探してみると面白いかも。

次回の番外編は、雨の素である「
」をお届けしたいと思います。

|

« 【8】 大旱慈雨(1級) | トップページ | 【9】 唯我独尊(2級) »

学問・資格」カテゴリの記事

番外編」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【8】 大旱慈雨(1級) | トップページ | 【9】 唯我独尊(2級) »